ブリーダーの資格と通信講座

ブリーダーとは

 

ブリーダーとはペットの繁殖や飼育を手がけるプロのことで、一般的には犬の繁殖を行う仕事についてブリーダーと呼ばれることが多いようです。

 

血統の良い犬を掛け合わせてさらに質の高い犬を繁殖したり、異なる品種を掛け合わせて品種改良を行うこともあります。

 

またその規模やスタイル、対象となる犬種はさまざまで、会社規模で行われているものから、愛犬家が趣味の延長で行うもの、ドッグショー目的の繁殖や飼育などがあります。

 

日本におけるブリーダー業は、繁殖させたペットを、仲介業者を介してペットショップへ卸すというスタイルで行われてきましたが、インターネットが普及するにつれ、ブリーダーからの直接販売もシェアを広げています。

 

ブリーダーにとっては、卸すよりも高値で売れ、買い手もショップより安価で買えるということで、今後はますます需要が高まるでしょう。

 

 

ブリーダーの資格

 

ブリーダーになるための公的資格というのは、現状では特にありませんが、仕事をする上では、動物を繁殖し飼育するための専門的な知識は最低限必要です。

 

また育ててみたいペットを絞り込み、それについての知識を高めることも必要です。

 

そういった知識や技能をを身につけるためには、専門学校などで勉強し、民間団体により認定される民間資格を取得すると良いでしょう。

 

最近は、通信講座でもブリーダーの資格を取得できますので、学校に通う時間が無い方は、通信講座を利用するのがおすすめです。

 

 

ブリーダーの通信講座

 

ブリーダーの資格を取得できる通信講座はいくつかありますが、通信講座によって特徴がありますので、複数の資料を請求し比較検討してみると良いでしょう。

 

テキストはわかりやすいか、実技のスクーリングがあるのか、添削問題や質問の対応はどうなのか、就職のサポート体制はあるのかなど様々な角度からチェックし、自分に最も適した講座ぶことが大切です。

 

そこで、おすすめの通信講座をご紹介します。

 

 

日本ケンネルカレッジのドッグブリーダー養成専門講座

 

ペットの専門学校である「つくば国際ペット専門学校」が直轄する通信講座で、専門学校の教壇に立つ先生から直接指導を受けることができるのが魅力です。

 

母体の専門学校の施設を利用した実技スクーリングがあるので、実技に対する不安も解消できます。

 

さらに、就職支援のサポートも万全で、当講座の修了生は優先的にグループ施設に就職することができます。

 

 

 

ヒューマンアカデミー(たのまな)のブリーダー講座

 

一般社団法人 日本ペット技能検定協会の認定講座で、ペットの繁殖・飼育を手がけるプロとして成功するためのノウハウを習得できます。

 

本講座を修了し、ライセンスの申請をすると、ペット繁殖指導員の資格を取得できます。

 

資格取得後は、就職、独立開業のサポートがあり、ペットビジネスセミナーに無料で参加できる他、全国のヒューマンアカデミー校舎で面接や履歴書の書き方などの指導を受けることもできます。

 

ヒューマンアカデミー(たのまな)のブリーダー講座の詳細はこちら!